相続登記義務に違反したらどうなる?(令和6年4月1日以降、罰則あり)


法改正情報

執筆者 司法書士 上垣 直弘


  • 兵庫県司法書士会登録番号 第1549号
  • 簡易裁判所訴訟代理認定番号 第712178号

日頃、東播磨地域(明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)や淡路市、神戸市にお住まいの個人、中小企業の方から不動産登記手続を中心に年間100件以上のご依頼を受けています。中でも遺産整理手続の依頼は多く、これまで遺産の名義変更や処分、不動産の相続登記を数多く取り扱った実績があります。

令和6年4月より不動産を相続した際の名義変更登記、いわゆる相続登記が義務化されます。正当な理由なく義務に違反した場合の罰則について司法書士が解説します。

1.相続登記義務に違反すると罰則がある

 

所有者不明の土地・建物が発生することにより、公共事業の推進や不動産取引の支障となることもあるため、相続登記の義務化などが新設されました。

ただ、法律を定めるだけでは、手続をおこなわない方も出てくることから、相続登記の義務に違反した方には罰則が科されることになりました。

相続登記の義務に違反した場合、10万円以下の過料の制裁を受ける可能性があります。
過料(かりょう)とは、要するに「国などの行政からの罰金」です。


なお、相続登記の義務は、改正後の法律では「① 相続人や遺言書で、自身に相続があったことを知り、② 亡くなられた親族の不動産の所有権を取得したことを知った時から3年以内」に登記手続をおこなう必要があるとされています。

 

改正 不動産登記法76条の2第1項
自己のために相続の開始があったことを知り、かつ、当該所有権を取得したことを
知った日から3年以内

この内容は、令和641日から実施されます。

なお、この制裁を受けるのは次の場合です。

2.罰則(過料)を受けるケース

 

罰則を受けるのは「正当な理由がない」場合です。
正当な理由がない、と判断される基準は次のようなケースです。

 

相続登記義務に正当な理由がなく違反したと判断される基準
  • 故意)わざと相続登記をしない
  • 怠慢)登記手続をなまけていた
  • 過失)不注意で手続を忘れていた

 

では、一方で「正当な理由がある」と判断されるのは具体的には次のような場合です。

 

相続登記義務に正当な理由がなく違反したと判断される基準
  • 複数の相続が繰り返され、相続の現状把握に時間がかかる場合
  • 遺言書の内容を争う裁判が継続している場合
  • 相続登記の義務者が重病、認知症など判断能力を失っていた場合

 

疎遠になっている親族、あるいは相続が繰り返されることで思わぬうちに「誰かの相続人になっている」ということは実務上で良く経験するケースです。

 

こうした「相続が発生していて、亡くなられた親族が不動産を所有していなかったことを知らなかった」場合には、登記義務が生じる原因である「① 相続人や遺言書で、自身に相続があったことを知り、② 亡くなられた親族の不動産の所有権を取得したことを知った」という条件には当てはまらないため、相続登記の申請義務も発生せず、違反するものではないと考えられます。

 

3.過料を受けるまでの流れ

 

実際に、相続登記義務に違反し制裁を受けることになった場合、どのような流れで進むのでしょうか。

行政による罰金「過料」は、裁判所の職務上の権限で「過料事件」として開始されます。

ただ実際には、法務局の登記官が相続登記義務に違反している事実を把握する必要があります。しかし、登記官には調査する権限がありません。
そのため、相続人などが「相続の発生や、亡くなった親族が不動産を所有していたことを知っていたか」などを把握することは事実上難しいと言えます。

今回の相続登記の義務化を制度化するにあたっての国の審議会においても、相続人に相続登記をおこなうよう催告し、理由もなく登記手続に応じない場合に過料通知をおこなうこととされています。

こうしたことからも、法務局から催告(相続登記手続の催促)を受けた場合には、早急に対応をおこなう必要があります。

 

4.相続登記手続のフルサポート

 

上垣司法書士事務所では、相続登記手続を資料収集から法務局への書類作成・提出までトータル・フルサポートをおこなっています。

相続登記の義務は、不動産を相続した相続人等すべての方に関係のある制度です。
過去において、不動産を相続し登記を済まされている方も、その後住所・氏名が変更になっている場合には変更登記をおこなう必要があります(対応が不要な場合もあります)。

少しでもご不安のある方は、当事務所の相続問題に特化した法律相談をご利用ください。

 

不動産の相続に関する解説・司法書士による個別相談のご案内

  • 相続登記手続の流れ
  • 必要書類
  • 注意すべきポイント

不動産の相続登記申請の
フルサポート

詳しい解説はこちら
 次ページ

特集ページ | 相続登記の義務化

2024年4月から義務化される相続登記は、それまでに不動産を相続し登記手続をすませていない方も対象です。登記義務化のポイント、罰則、関連する法改正について解説したコラムをまとめた特集ページを公開しています。

詳しくはこちら

関連コラム

キーワードからコラムを探す

auカブコム証券SBI証券SMBC日興証券みずほ信託銀行ゆうちょ銀行三井住友信託銀行三井住友銀行三菱UFJモルガン・スタンレー証券三菱UFJ信託銀行三菱UFJ銀行上場株式不動産登記不動産登記法代襲相続住所・氏名の変更登記義務化保証人保証契約催告の抗弁権債務引受公正証書公正証書遺言共同担保目録兵庫県再代襲相続再転相続分別の利益利益相反名義変更団体信用生命保険固定資産税評価証明書変更登記大和証券始期付所有権移転仮登記始期付所有権移転登記家庭裁判所岩井コスモス証券廃除意思能力戸籍所有不動産登録証明制度払戻し抵当権換価改製原戸籍数次相続未成年者松井証券株式検索の抗弁権検認楽天証券権利部死因贈与残高証明書法務局法務省法定相続情報熟慮期間特別代理人特別口座登記事項証明書登記原因証明情報登記識別情報通知登録免許税登録済加入者情報開示請求書相続相続人申告登記相続人調査相続土地国庫帰属法相続手続相続放棄相続欠格相続登記相続登記の義務化相続登記義務化相続税相続財産調査相続関係図秘密証書遺言空室等対策の推進に関する特別措置法職権登記自筆証書遺言自筆証書遺言保管制度表題部証券保管振替機構誤記証明書財産管理の管理農地農地法農業委員会連帯保証過料遺産分割遺産分割前の相続預金の払戻し制度遺産承継遺産整理遺言執行者遺言書遺言書保管事実証明書遺言検索システム遺贈野村證券鑑定人選任申立限定承認除籍預貯金預金
相続登記義務化コラム_相続人申告登記の手続と注意点

法改正情報

相続登記義務違反を一時的に回避する「相続人申告登記」につ…

相続登記は一般の方にとって負担の大きい手続です。
そこで国は相続登記の義務を負う相続人が、法務局(登記官)に「不動産の登記名義人の相続人である」ことを申し出ることで、相続登記義務を果たしたものとみなされる「相続人申告登記」制度をつくりました。
しかし、相続人申告登記後に、相続登記をおこなわなければならず、あくまで相続登記義務違反を回避するための手続となります。
このコラムでは相続登記義務化と相続人申告登記の関係から、注意点までを司法書士が分かりやすく解説しています。

詳しくはこちら
住所・氏名の変更登記義務違反の罰則解説

法改正情報

住所・氏名の変更登記の義務化について解説(令和6年4月よ…

「所有者不明の土地」を生じさせないという趣旨のもと、住所・氏名の変更があった際には登記申請をおこなうことが義務付けられました。
「正当な理由なく」、変更登記をおこなわない場合には過料5万円以下の罰則を受ける可能性があります。
当コラムでは、住所・氏名の変更登記が義務化された経緯から、罰則の内容などについて分かりやすく解説しています。

詳しくはこちら
詳細解説_相続登記義務化

法改正情報

詳細解説「相続登記の義務化」の制度解説

相続登記手続が義務化されることになりました。
この法改正に関連して、相続人の登記手続の負担を軽減するための制度(相続人申告登記、住所・氏名の職権登記など)や、相続登記義務に違反した場合の過料10万円以下の制裁を設けるなどの仕組み作りがおこなわれました。
このコラムでは法務省・法務局の情報をもとに、相続登記義務化とそれに関連する法改正について詳細な制度解説をしています。

詳しくはこちら

相続手続を安心して進められるよう

あなたをサポート

相続の有料相談

3,300円・60分

  • 実質無料 ご依頼の場合、相談料を手数料に充当
  • 資料提供 オリジナル相談シートを持ち帰り頂けます

相続問題に関するご相談を有料でお伺いしています。相続に関する状況(資産・負債、相続人など)を整理しながら、あなたが何をすべきか具体的にアドバイスをいたします。

  • 相続手続について知りたい
  • 何から始めるべきか分からない
  • 相続登記の相談をしたい
  • 生前対策の相談をしたい
  • 相続に関する解決と見通しを知りたい
相続相談のご案内

ご予約・お問合せ

  • 秘密厳守
  • 事前予約制
  • 夜間・土日祝の相談対応可

「こんなこと相談できるの?」「こういう問題に対応できますか?」など、お気軽にお問合せください。お問合せに費用は一切かかりませんので、安心してご連絡ください。事前予約で夜間・土日祝日の相談対応も可能です。

不動産の相続に関する解説・司法書士による個別相談のご案内

  • 相続登記手続の流れ
  • 必要書類
  • 注意すべきポイント

不動産の相続登記申請の
フルサポート

詳しい解説はこちら

相続・登記手続に関する法律相談サイト

当ホームページでは、相続手続・不動産登記・商業登記に関する問題を中心に、基礎知識や事例を通して解決のためのポイントを司法書士が解説しています。明石市や加古川市、三木市などの東播磨地域、神戸市にお住いの個人の方や中小企業経営者を中心に数多くの解決サポートをおこなっています。