商業登記

会社設立、役位変更甲など、あらゆる商業登記手続をサポート

このようなお悩みは
上垣司法書士事務所
すぐにご相談

  • 株式会社を設立したい
  • 合同会社を設立をしたい
  • 役員の変更登記をしたい
  • 本店移転登記をしたい
  • 商号変更登記をしたい
  • 解散登記をしたい

商業登記手続の進め方

会社設立のための基本事項を決め、定款の作成・認証など登記手続をおこなうための準備を進めます。

会社設立の準備

Step1

必要書類の準備

定款の作成・認証、資本金の払込みなど

会社設立のための基本事項を定めたら、定款の作成・認証など登記手続の必要書類を揃えます。

会社の設立登記をおこなうにあたって、基本事項を決め、その内容を踏まえた定款の作成・認証をおこないます。当事務所では、こうした会社設立の準備段階から登記手続までのフルサポートをおこなっています。

会社設立登記

会社設立のフルサポート

株式会社、合同会社の設立準備から登記手続までフルサポートをおこなっています。次のページでは、会社設立の流れ、ご自身で登記をおこなう際のメリット・デメリットなどについて解説しています。

「会社設立登記」の解説はこちら

ご予約・お問合せ

  • 秘密厳守
  • 事前予約制
  • 夜間・土日祝の相談対応可

「こんなこと相談できるの?」「こういう問題に対応できますか?」など、お気軽にお問合せください。お問合せに費用は一切かかりませんので、安心してご連絡ください。事前予約で夜間・土日祝日の相談対応も可能です。

登記手続

Step2

登記手続・役所等の手続

登記申請書類の作成・提出をおこなう

登記申請書類を作成し、法務局へ提出します。登記完了後に関係各所へ届出をおこないます。

資本金の払い込みと登記申請書の作成が完了したら、本店の所在地を管轄する法務局に設立登記の申請をおこないます。
会社設立登記後は、金融機関、年金事務所、都道府県税事務所、税務署、役所などに各種届出をおこないます。

相続で頼れる
司法書士を目指しています。

相続のこと。
どんな些細なことでも安心してご相談ください。

手続負担の軽減

平日仕事で忙しい方や遠方の方の代わりに手続き

「仕事で忙しくて日中時間を取れない」「遠方に住んでいるため手続を依頼したい」このような悩みも、司法書士にお任せください。仕事や私生活の時間を奪うことなく、手続きを進めさせていただきます。


精神的負担の軽減

ほか相続人との話し合い・関係者とのやりとりを代行

「関係者との話し合いが面倒」という方のために、司法書士があなたの代わりに窓口対応をおこないます。
精神的に疲れたという方も気持ちが楽になります。


弁護士・税理士連携

手続からトラブル対応までワンストップ・フルサポート

「相続の問題、誰に相談したら良いのか分からない」方も、安心してください。弁護士・税理士と連携しています。今悩んでいる“その問題”を解決に導いてくれる専門家と一緒に、あなたをサポートします。

会社設立登記

会社設立のフルサポート

株式会社、合同会社の設立準備から登記手続までフルサポートをおこなっています。次のページでは、会社設立の流れ、ご自身で登記をおこなう際のメリット・デメリットなどについて解説しています。

「会社設立登記」の解説はこちら

ご予約・お問合せ

  • 秘密厳守
  • 事前予約制
  • 夜間・土日祝の相談対応可

「こんなこと相談できるの?」「こういう問題に対応できますか?」など、お気軽にお問合せください。お問合せに費用は一切かかりませんので、安心してご連絡ください。事前予約で夜間・土日祝日の相談対応も可能です。

司法書士監修

相続・登記手続の最新情報・実務コラム

司法書士が法律問題に関する最新情報や実務上の解決ポイントについて解説するコラムです。

相続手続コラム「家庭裁判所での限定承認申立を書式付で解説」

相続手続

【詳細記入例あり】限定承認申述申立と、鑑定人選任・換価手…

相続財産を限度として、債務を負担する家庭裁判所の「限定承認」申立について解説しています。相続において負債が資産を上回る場合、相続放棄をすると原則一切相続財産を承継できません。しかし、家業として従前から使用している事業用の動産など、どうしても承継したい財産がある場合に限定承認が利用されています。

詳しくはこちら
先代名義のままの相続登記手続についての解説

登記手続

先代名義のまま放置していた不動産の相続登記│相続登記シリ…

2024年までに義務化される相続登記。このコラムでは相続関係図(数次相続)を例に、相続登記の申請書サンプルを使いながら、先代名義のままになっている不動産の相続登記手続について詳しく解説しています。

詳しくはこちら
相続における保証債務の対応についての解説コラム

相続手続

相続財産に「保証債務」がある場合の対応方法(相続放棄と債…

相続はマイナスの財産(負債)も契約上の地位も原則承継します。 このコラムでは、相続財産の中に、被相続人の「保証債務」がある場合における相続人の対応方法を司法書士が解説しています。 また債務引受、限定承認などの対応方法もあわせて解説しています。

詳しくはこちら

相続・登記手続に関する法律相談サイト

当ホームページでは、相続手続・不動産登記・商業登記に関する問題を中心に、基礎知識や事例を通して解決のためのポイントを司法書士が解説しています。明石市や加古川市、三木市などの東播磨地域、神戸市にお住いの個人の方や中小企業経営者を中心に数多くの解決サポートをおこなっています。