疎遠な他相続人(兄弟姉妹)との相続手続|明石市在住 B様|解決事例


相続手続

執筆者 司法書士 上垣 直弘


  • 兵庫県司法書士会登録番号 第1549号
  • 簡易裁判所訴訟代理認定番号 第712178号

日頃、東播磨地域(明石市、加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)や淡路市、神戸市にお住まいの個人、中小企業の方から不動産登記手続を中心に年間100件以上のご依頼を受けています。中でも遺産整理手続の依頼は多く、これまで遺産の名義変更や処分、不動産の相続登記を数多く取り扱った実績があります。

1.ご相談の経緯

 

図表 相続関係と相続についてのご希望

図表 相続関係と相続についてのご希望


明石市にお住いのBさんは、自宅が亡くなったご主人(Aさん)名義のままになっており、これをBさんの名義にしたいと考えていました。

 

Aさんには子供がいなかったため、Aさんの兄弟姉妹4人が法定相続人にあたります。

ただし、Aさんの父親は再婚しており、末の妹(Cさん)のみ母親が異なります

 

BさんはCさんとはほぼ面識がなく、住所や連絡先も知りません

 

Bさんは、Cさんを含むAさんの兄弟姉妹全員の同意がないと自宅を自分の名義に変更できないと知り、上垣司法書士事務所に相談に来られました。

2.相談のポイント

 

子がいないご夫婦のいずれかが亡くなった場合、配偶者が遺産の100%を相続するわけではありません。

 

  1. 被相続人の親が存命の場合は、配偶者(50%)と被相続人の親(50%)
  2. 親が亡くなっている場合は、配偶者(75%)と被相続人の兄弟姉妹(25%)


このように、配偶者は必ず相続人となりますが、それ以外の相続人は、子ども、親、兄弟姉妹の順で共同で相続人となります。

Bさんはなるべく速やかに自宅の名義を変更したい意向でしたが、今回は兄弟姉妹も奥様とおなじく相続人となります。


特に疎遠な関係である異母妹のCさんに手続きに協力してもらうために、「何をどうずればいいのか?」について相談を受けました。

3.弊所の対応とその結果

 

相続人調査により、相続人を確定するとともにCさんの住所が判明しました。

 

そこで、まずCさんを除く兄弟姉妹に集まっていただき、遺産分割協議を執り行い、
「Aさん名義の自宅についてBさんの名義とする」ことで合意しました。

その際、兄弟姉妹の方にCさんについてお伺いしましたが、どなたもCさんとは疎遠であり、連絡先等も知らないとのことでした。

そこで、調査で判明したCさんの住所へ、Aさんが亡くなったこと及び相続手続きについて事情を説明する手紙を送り、返事を待つことにしました

 

しかし、1か月以上経過しても、Cさんからの連絡はありません

何とかCさんと連絡をとるために、次の手段として相続人調査時に判明したCさんの長女(Dさん)に、Cさんと連絡がとりたい旨の手紙を送ることにしました。

 

DさんはCさんの近所に住んでおられたので、Cさんと連絡がとりやすいと考えた結果でした。

Dさん宛にDさんに手紙を送った後2週間程経ってから、Cさんから連絡がありました。

 

どうやら住所地から、少し前に引越しされ、今は別の場所に住んでおられるとのことでした。

その後、お電話で今回の相続手続きについての詳細を説明したところ、「Bさん名義とすることに」同意していただけ、他の諸々の手続きにも協力していただけることになり、遺産分割協議書に署名押印をいただくことができました

 

その後登記申請を行い、Aさん名義の自宅について無事Bさんへの名義変更を完了することができました。

4.担当司法書士からのコメント

 

子がいない夫婦の場合、遺された配偶者が100%遺産を相続すると考えられる方が多いですが、そうではありません。

 

被相続人の配偶者と兄弟姉妹が相続人に該当する場合、非常に手続きが煩雑になるケースが多々あります。

 

また、紛争に至り裁判上の手続きに移行するケースも多いです。

 

今回のように子がいない夫婦のケースで、遺された配偶者を守るためには、遺言書(※特に公正証書遺言)を作成することをお薦めします。

 

生前に遺言書を作成することで、兄弟姉妹の同意を得ることなく速やかに遺された配偶者に遺産を相続させることが可能となります。
詳細は弊所までお気軽にお問いあわせください。

 サポートのご案内

【相続される側】 「遺言書」作成サポート 

遺言書が残されている場合、その内容が優先されます。現在のご家族の関係性などから「相続トラブル」に発展する可能性があるのであれば、遺言書によりそのリスクを取り除くことができます。次ページでは、遺言書作成の基礎知識について解説しています。

詳しくはこちら

 サポートのご案内

【相続する側】 「遺産整理」サポート 

相続財産や相続人の調査、相続登記などの遺産承継のための手続まで当事務所でサポートをおこなっています。遺産整理手続の基礎知識については、次ページで解説しています。

詳しくはこちら

関連する解決事例

  • 相続手続

    担当:上垣直弘

    2次相続が発生し相続人が多数になった遺産承継|淡路市在住…


    依頼者様:

    • 70歳代
    • 淡路市 在住
    • 男性

    淡路市にお住いの依頼者さまの遺産承継に関する解決事例です。お亡くなりになられた奥様にご兄弟が多数、そのうち何人かは既に亡くなられていたため、代襲相続が発生していました。最終的に相続人は16人となり、遺産承継に関する相続人全員からの同意の取付け、相続手続が負担となることが予想されたため、当事務所にご依頼になられました。

    詳しくはこちら
  • 相続手続

    担当:上垣直弘

    相続人の中に海外居住者がいる場合の相続登記|明石市在住 …


    依頼者様:

    • 70歳代
    • 女性
    • 明石市 在住

    明石市にお住いの依頼者様の「不動産の相続登記」についての解決事例です。何年も放置していた相続不動産の名義変更を考えた依頼者様は、ご自身とともに相続人であるお子さまと相続登記に関する手続を進める必要がありました。海外に居住するお子さまから、どのような書類を取り寄せする必要があるのでしょうか。担当司法書士が解説します。

    詳しくはこちら
  • 相続手続

    担当:上垣直弘

    子がいない夫婦で相続人多数の場合の相続登記手続|明石市在…


    依頼者様:

    • 80歳代
    • 女性
    • 明石市 在住

    明石市にお住まいの方から相続登記のご依頼です。20年間、相続登記を放置している間に相続人は全国に10名に増えてしまっていました。面識のない相続人との交渉や登記手続のための書類のやり取りなどに負担を感じられ、当事務所にご依頼いただきました。担当させていただいた司法書士が事例について解説します。

    詳しくはこちら
  • 相続手続を安心して進められるよう

    あなたをサポート

    相続の有料相談

    3,300円・60分

    • 実質無料 ご依頼の場合、相談料を手数料に充当
    • 資料提供 オリジナル相談シートを持ち帰り頂けます

    相続問題に関するご相談を有料でお伺いしています。相続に関する状況(資産・負債、相続人など)を整理しながら、あなたが何をすべきか具体的にアドバイスをいたします。

    • 相続手続について知りたい
    • 何から始めるべきか分からない
    • 相続登記の相談をしたい
    • 生前対策の相談をしたい
    • 相続に関する解決と見通しを知りたい
    相続相談のご案内

    ご予約・お問合せ

    • 秘密厳守
    • 事前予約制
    • 夜間・土日祝の相談対応可

    「こんなこと相談できるの?」「こういう問題に対応できますか?」など、お気軽にお問合せください。お問合せに費用は一切かかりませんので、安心してご連絡ください。事前予約で夜間・土日祝日の相談対応も可能です。

    不動産の相続に関する解説・司法書士による個別相談のご案内

    • 相続登記手続の流れ
    • 必要書類
    • 注意すべきポイント

    不動産の相続登記申請の
    フルサポート

    詳しい解説はこちら

    相続・登記手続に関する法律相談サイト

    当ホームページでは、相続手続・不動産登記・商業登記に関する問題を中心に、基礎知識や事例を通して解決のためのポイントを司法書士が解説しています。明石市や加古川市、三木市などの東播磨地域、神戸市にお住いの個人の方や中小企業経営者を中心に数多くの解決サポートをおこなっています。